英語の歌をカッコよく歌おう!Vol.2

0 0
ライブを実現シンガーソングライター向けメールレッスン講座!
「人前でアガらなくなる!マインドブロックを外して歌も人生もオープンになる方法」pdfプレゼント
こちらから!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
掴もう!英語と日本語のリズムの違い
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
30代からの、グルーヴアップ!
英語の歌をカッコ良く歌おう! vol.2
ーーー
英語の歌詞は単語にこだわらず、センテンスでとらえようという話をしましたが
、もっと具体的に言うと、
 
英文にある独特のリズムを掴もう。ということです。
 
例えば、
 
「Good morning」と
 
「おはようございます」
 
リズム読みすると、
 
Good morningは「タッタータン」
おはようございますは「タタタタタタタタタ」
この違いです!
しかも、Good morningは
Goodは弱く、morningの頭を強く発音します。
に対して、
「おはようございます」は、リズムも強弱も一定です。
この違いをまずはよく掴むことです。
 
よく、英語の歌詞が字余りになるという方は
Good morningを
「タッタタータンタ」と読みがちです。
 
Goodのdは無声音です。do「ド」と発音してませんか?
morningのgもgu「グ」ではありません。
「タッタタータンタ」ではなく、
「タッタータン」です。
真ん中が多いですね。
「グッドモーニング」でなく、
「グッモーニン」です。
歌詞の中でこの辺から字余りが生じます。
 
本来、歌詞は字余りにはなりません。余らせてるのは自分だということがお分かりかと思います。^_^
歌詞は単語を読むのではなく、センテンスを歌うんです。
原曲をお手本に繰り返し聴いて真似てみて下さい^_^
 
次回はリエゾンについてお話します。
ーーー
シンガーライブ成功の秘訣!
毎朝お届けメールレッスン
pdfプレゼント!
こちらからご登録!

・LINEお友達になって下さいね!
お年玉プレゼント!
ボイストレーニング動画付き 
友だち追加
関連記事
ページトップ